看護師不足の原因とハードワークの問題点

看護師は患者を労る白衣の天使というイメージがあり、実際にそのようなイメージを持って看護師になる人は少なくない。しかし医療の現場は、様々な症状に見舞われている患者へのケアをはじめ、様々な仕事をいくつもこなす必要がある過酷な環境である。場合によっては血液や吐しゃ物などの汚物を片付ける作業も行うため、穏やかでほのぼのとした白衣の天使のイメージとは程遠いと言える。理想と現実のギャップに耐えられず、仕事を辞めてしまう看護師も決して珍しくない。また、看護師の仕事は昼も夜も関係無く、患者の容態を気に掛ける必要がある。日勤と夜勤のシフト制になることがほとんどであり、長時間勤務や休日出勤などのハードワークになることも少なくない。

常に緊張を強いられ、昼夜逆転の生活が繰り返される看護師の仕事で心身に不調をきたし、辞めてしまうケースもある。そのため、多くの医療機関では慢性的な看護師不足の状態に陥っていると言えるだろう。賃金を高く設定する、資格取得をサポートするなどの対策を講じている医療機関もあるが、常にハードワークを強いられる看護師の実状が広く知れ渡っていることから、十分な人員を確保するのは困難だと考える職場は多い。人手不足を解消するため、高齢を理由に退職した看護師を高待遇で迎え入れる方法が注目されているが、経験豊富なベテランは即戦力として重宝される反面、加齢による体力の低下で長時間勤務などのハードワークには対応できない問題もあるので根本的な解決までには至っていない状況がある。
看護師不足に関するそのほかの情報→→【看護師不足の現状と対策